人気ブログランキング |

<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「暑い」は書かない

c0356902_15360440.jpg
プライベート用の夏のおたよりをつくりました。
いい機会なので、引っ越しをしたお知らせも一緒に。
ひと言を添えて、梅雨が明けたら親戚や知人に送ります。

動画「夏のおたよりの書き方 ~ビジネス編~ ~プライベート編~」でもお話ししたように、
暑い時期こそ、“暑い”以外の言葉をつづってみたいものです。
夏といえば、なんでしょう?
スイカ、ひまわり、花火、風鈴、ビール、などなど……
夏を感じる涼しい言葉、楽しい言葉を、
生活のなかにさがしてみると、意外とたくさんあります。
形式にとらわれず、自分らしい表現で、のびのびと書いてみると、
自分も前向きな気持ちになれそうです。

またビジネスシーンでも、
年賀状などに比べて、夏のおたよりを書かれる方は少ないと思います。
そんなときこそ差をつけるチャンスになりそうですね。

*an example

浴衣姿を街で見かけるようになりました。
今年も夏が来ましたね。
近いうちに、暑気払いの会をしませんか?









..... Ads by Excite .....

by kotonohano-koto | 2015-07-17 16:15 | Comments(0)

おしらせ*『we:la』記事監修

ひさびさの洗濯日和に、布団やタオルをベランダでめいっぱい、はためかせています!
元気が出る光景です。

さて、本日もおしらせです。
浜松市の働く女性応援フリーマガジン『We:la』(㈱ぱど)8月号に、
わたしの監修記事「お礼を伝える手紙」が掲載されました。
c0356902_18020412.jpg
記事は▶こちら◀からお読みいただけます。

お礼の言葉をしたためる機会は意外と多いもの。
そんなとき、より気持ちを伝えるための3つのポイントと、シーン別の実例集を載せました。
「ありがとう」以外にも、お礼を伝える言葉や書き方はたくさんある、
ということを感じてもらえたらうれしいです。

どうぞよろしくお願いいたします!


by kotonohano-koto | 2015-07-10 18:02 | Comments(0)

梅雨が明けたら

c0356902_23453736.jpg
新聞の天気予報欄を見ると、
わたしの住んでいる町は来週、晴れマークが並んでいました。
梅雨明けもいよいよもうすぐでしょうか?

雨がつづくと何をするにもおっくうになってしまうものです。
外出もしづらくて、人に会うのも後回しになってしまったり。
そんなときこそ、
「梅雨が明けたら」と添えて、再会を願う言葉をつづるのもいいでしょう。
梅雨だけでなく、
たとえば病気やけがをしてしまった相手に、お見舞いの言葉を贈るときにも、
「落ち着いたころに、ぜひまた会いましょう」「元気な姿にまた会いたいです」という、
明るい未来を連想させる小さな約束は、大きな励ましになります。
自分を気にかけてくれる人がいる、という実感は、いつでも心強いものです。


*an example

連日の雨に、そろそろ太陽の陽ざしが恋しくなってきました。
梅雨が明けたら、会いませんか。










..... Ads by Excite .....

by kotonohano-koto | 2015-07-10 00:20 | Comments(0)

花言葉を贈る

c0356902_19175176.jpg
梅雨本番。
白い紫陽花って、きれいだなと思います。
なんとなく気になって調べてみたら、
花言葉は日本では「ひたむきな愛」、フランスでは「元気な女性」だそう。
異文化ですね。

花言葉を贈る、というのも粋な言葉の楽しみ方です。
たとえばプレゼントとしてよく使われるお花にも、
調べてみると、そのシーンに合った意味があるものが多いようです。
カーネーションには「母の愛」、
かすみ草には「幸福」などなど……
なんと、バラにはとげや葉っぱにも意味があるとか! 奥深いです。

花を選ぶように、相手に贈る言葉選びを楽しみたいですね。


*an example

お引っ越しされたとのこと、新しい街には慣れましたか?
心ばかりのお祝いの品をお贈りします。
胡蝶蘭の花言葉は、“幸せが飛んでくる”だそうです。 またお話、聞かせてくださいね。




**
本日のexampleは、7月13日(月)発売の『おとなの手紙時間』から抜粋しました。
発売まであとすこし! ぜひ、お手に取ってみてくださいね。

***
動画のほうも、どうぞよろしくお願いします!m(__)m
夏のおたよりの書き方~ビジネス編~

夏のおたよりの書き方~プライベート編~






..... Ads by Excite .....

by kotonohano-koto | 2015-07-08 22:31 | Comments(0)

とっておきの、おしらせ*その2

c0356902_19374214.jpg

こんにちは。お変わりありませんか。

先日の『おとなの手紙時間』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』出版記念イベントは、
大盛況のうちに幕を閉じました。
「言葉」や「手紙」が好きなたくさんの人にお目にかかることができ、多くのご縁に恵まれた、
感謝の一日となりました。
理事長・むらかみかずこさんのレポート*コチラ*もご覧くださいね。

奇しくも2冊同時刊行となった書籍は、どちらも性格の違うすばらしい本です!
楽しく学べる2冊ですよ~。オススメです!


さてさて、とっておきのおしらせ、第2弾。
これからの時期に書くお手紙といえば、暑中見舞いや残暑見舞いなどの「夏のおたより」ですね。
そんな「夏のおたより」の書き方について、わたくしがお話しした動画を公開しています。

夏のおたよりの書き方~ビジネス編~
https://www.youtube.com/watch?v=BcrvdXbtpiY

夏のおたよりの書き方~プライベート編~
https://www.youtube.com/watch?v=WO90QPwwUd8

そもそも暑中見舞いっていつ出すの? どんな内容を書くと喜ばれる?
といったポイントを、ビジネス編とプライベート編に分けてお話ししました。
ご覧いただけましたらうれしいです!
なにか心に留めていただけることがありますように。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

by kotonohano-koto | 2015-07-08 22:25 | Comments(0)

編集・原稿整理・執筆・校正 and, 手紙の書き方コンサルタントとして、毎日を言葉とともに暮らしています。  このブログでは、おしごとのご報告と、個人的なお気に入りの紹介をしていきます。


by kotonohano-koto

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

=about=

熊谷蘭夢
くまたに・らむ

(社)手紙文化振興協会認定、手紙の書き方コンサルタント

---------------------------
*2017.09.11
『ゼクシィ』(携帯アプリ版)の記事、【新郎だって伝えたい。「親への手紙」、ふたりで読んでみない?】を監修させていただきました。

---------------------------

外部リンク

最新の記事

返事を期待しない
at 2017-10-11 17:15
桃を待つ
at 2017-09-20 17:55
バトンタッチ
at 2017-09-14 11:19

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月

最新のコメント

検索