返事を期待しない

このあいだ、離れて暮らす友人と、数年ぶりに会いました。
わたしの住む街の近くまで来るので、よかったら、とお誘いをもらったのです。

そのお知らせは、手紙でやってきました。
このごろは、ほとんど年賀状のやりとりだけになっていたとはいえ、
お互いメールアドレスも知っているのに、あえて、手紙で。
もしかしたら届かないかもしれない。
けれど、そうだとしてもきっとまたいつか、と、
返事を期待しない、軽やかな気分。
ひさしぶりの再会に、ほんのちょっと緊張する雰囲気もにじむ、
うれしいサプライズでした。

SNSやいろいろなメッセージアプリで、
簡単に相手の近況を知り、連絡もとれるようになった最近ですが、
それゆえの、やりづらさを感じてしまうときも、わたしにはあります。
『いいね』も返事も期待しない、そんな心地のよさを、手紙は持っていると思います。

これから、そのひとへ、手紙を書きます。感謝をこめて。











[PR]
# by kotonohano-koto | 2017-10-11 17:15 | Comments(0)

桃を待つ

9月のはじめのこと。
今年もこれで最後かな、と、桃を買ってきました。
キッチンの隅で、毎日そぉっと触っては、
どうかな、どうかな、と食べごろをたしかめること数日。
甘いにおいが満ちるのを待つのも楽しいものです。

だれかから手紙の返事を待つときも、こんな気分かも。
そんなことをふと思う、夏の終わりです。

c0356902_15032871.jpg

[PR]
# by kotonohano-koto | 2017-09-20 17:55 | Comments(0)

バトンタッチ

マナーとしては、残暑見舞いの手紙を出すのは8月いっぱいまで。
とはいっても、地方によってはまだまだ暑いところも多いですよね。
わたしの住む浜松も、日中はじっと汗ばんでしまいます。

ですが、すこし早く起きた朝にベランダに出てみると、もうすっかり涼しくってびっくりするのです。
よろこびいさんで部屋じゅうの窓を開け放ち、秋の空気を迎え入れます。
夏、みんながんばりました。もう、あとすこし。

切手の絵柄もバトンタッチです。また来年。

c0356902_15101511.jpg



[PR]
# by kotonohano-koto | 2017-09-14 11:19 | Comments(0)

ゼクシィアプリ記事監修/ふたりからの、親への手紙

こんにちは。
季節の変わり目、おつかれは出ていませんか。


感謝を込めて、おしらせです。
『ゼクシィ』(携帯アプリ版)の記事、
【新郎だって伝えたい。「親への手紙」、ふたりで読んでみない?】を監修させていただきました。



結婚式で読まれる「花嫁の手紙」。
これを、「ふたりからの手紙」として、親への感謝を伝える贈りものにしてみるのはいかがでしょうか。

親へのこれまでの感謝、そして、これから歩んでいく道を思ってしたためた言葉は、
パートナーや、新しい家族へ向けたメッセージにもなるはずです。

ひとりから、ふたりになるとき。
その瞬間を、大切なひとたちと、手紙という形で分かちあえたなら、すてきですね。




c0356902_14403648.jpg


[PR]
# by kotonohano-koto | 2017-09-11 14:49 | Comments(0)

「仕事で差がつく!メール・文章の書き方講座」好評開講中!

みなさん、こんにちは。
いつもご覧いただきありがとうございます。

(社)手紙文化振興協会の通信講座のうち、
ビジネスシーンに特化した「仕事で差がつく!メール・文章の書き方講座」
おかげさまで好評につき、
このたび、大手コンサルティング会社の日本経営合理化協会さまからも、お申込みできるようになりました!

c0356902_15525918.jpg
過去記事より再掲になりますが、改めて紹介させてください。

取引先やお客様、また社内の方へ。
ビジネスにおいては、毎日のように、メールや文章でやりとりをする場面が訪れます。
そんなとき、敬語の使い方に悩んだり、うまく伝わらなかったり、
同じような定型文が並んでしまったりしたことはありませんか?

この講座では、すぐに使えるフレーズを習得しながら、
ほんの少しの工夫と気くばりで、仕事で差がつく文章の書き方を学びます。

わたしは、会社員として、またフリーランスで出版業に携わってきた経験を活かし、
この講座のリーダーとして、テキスト作りにも携わりました。
責任をもって、添削指導もさせていただいています。

添削は、敬語やしかるべき宛名の書き方など、正しい日本語の使い方を中心に、
丁寧でわかりやすい表現になっているか、言い回しに工夫がみられるか、
全体の文章構成などについてチェックします。
これによって、誤って覚えていた日本語表現に気がつくことができ、
言葉のバリエーションを増やすことができるのです。

この講座を含め、当協会の講座はすべて、
文章の書き方を学びながら、気くばりを学ぶ講座です。

気の利いた文章は、あなた自身の印象につながります!

詳しい内容については、日本経営合理化協会さまの申込ページのほか、
下記もご覧ください。

◆ビジネス向け通信講座『メール・文章の書き方講座』

明日からのみなさんのビジネスにお役に立てていただけるよう、心を込めて添削します。
お申込みをお待ちしています!




[PR]
# by kotonohano-koto | 2016-09-13 15:59 | Comments(0)

編集・原稿整理・執筆・校正 and, 手紙の書き方コンサルタントとして、毎日を言葉とともに暮らしています。  このブログでは、おしごとのご報告と、個人的なお気に入りの紹介をしていきます。


by kotonohano-koto

プロフィールを見る

=about=

熊谷蘭夢
くまたに・らむ

(社)手紙文化振興協会認定、手紙の書き方コンサルタント

---------------------------
*2017.09.11
『ゼクシィ』(携帯アプリ版)の記事、【新郎だって伝えたい。「親への手紙」、ふたりで読んでみない?】を監修させていただきました。

---------------------------

外部リンク

最新の記事

返事を期待しない
at 2017-10-11 17:15
桃を待つ
at 2017-09-20 17:55
バトンタッチ
at 2017-09-14 11:19

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月

最新のコメント

検索